悪質な業者に騙されないために|法律 相談無料なび

悪質な業者に騙されないために

借金や多重債務で苦しんでいる人たちは要注意!

そもそも、借金や多重債務に悩んでいる人たちの強い味方になってくれるはずの法律の専門家たち。
しかし、中には悪質な金融業者などとつながり、相談者をさらに悩ませているケースもあるのです。

借金を抱えているという場合、法律に関して詳しいという人は少なく、当然「法律相談無料」の所に行きたくなりますよね。
しかし、無料だから安心、というわけではありません。
例えば、信頼していた弁護士(または偽物)は、相談者が法律関係に弱いことをいいことに、悪質金融業者に有利な内容で支払契約をしたとしましょう。
その結果、金融業者とのやり取りの内容を依頼者に明確にしないまま、毎月の返済額のみを通知してきたり、多重債務者は金銭管理が難しいからなどと理由をつけ、自分の口座に振込みをさせたり、という犯罪が実際にありました。
このような悪質な業者は、法律相談を無料で助けを求めている人たち、またはすぐに解決したいという人たちを騙すケースが多いようです。
場合によっては緊急な解決が必要かもしれませんが、法律について相談無料にする場合にも、しっかりと下調べをすることが大切なのです。

偽物・悪質だと見極めるには?

法律の専門家たちは、それぞれの国家資格を持ちながら業務を行っています。
しかし、このような資格を持っていないにも関わらず、相談を受けたり依頼を受けたりして金銭を請求している人たちも中にはいます。

・事務所の名前や住所、電話番号などを確認すること
対面した場合は、名刺をもらうようにしましょう。
名刺を出さない、事務所の所在についても曖昧だという場合は、偽物である可能性が高いです。

・それぞれの法律家を統括する団体に確認する
弁護士であれば、設けた事務所がある都道府県にある弁護士会に登録をする必要があります。
その登録情報は、ネットから検索することが可能です。
このサイトに出てこないようであれば、要注意といえます。


このページの先頭に戻る